© 2012 Gohki Endo All rights reserved.

Event

2016.08.22 - 村松稔之 フレンドシップ・ミュージアムコンサート#1

カウンターテナーの美しい声が響き渡りました。

村松稔之
フレンドシップ・ミュージアムコンサート#1

2016年8月20日(土)
11:00開場 11:30開演
遠藤剛熈美術館








 

村松稔之 フレンドシップ・ミュージアムコンサート1

 

村松稔之 フレンドシップ・ミュージアムコンサート 2

 

村松稔之 フレンドシップ・ミュージアムコンサート 3

 

村松稔之 フレンドシップ・ミュージアムコンサート 4

 

村松稔之 フレンドシップ・ミュージアムコンサート 5

 

村松稔之 フレンドシップ・ミュージアムコンサート 6

 

村松稔之 フレンドシップ・ミュージアムコンサート 7

 

村松稔之 フレンドシップ・ミュージアムコンサート 8

 

村松稔之 フレンドシップ・ミュージアムコンサート 9

2016.05.17 - 〜 絵画に魅せる2声の響き 〜

二人のソプラノのデュエット
若々しく新鮮で
とても美しいハーモニーが響きわたりました

 
〜 絵画に魅せる2声の響き 〜 1
 
〜 絵画に魅せる2声の響き 〜 2
 
〜 絵画に魅せる2声の響き 〜 3
 
〜 絵画に魅せる2声の響き 〜 4
 
〜 絵画に魅せる2声の響き 〜 5
 
〜 絵画に魅せる2声の響き 〜 6
 
〜 絵画に魅せる2声の響き 〜 7

2016.05.10 - 〜絵画に魅せる2声の響き〜

2013.07.02 - 平成25年度 京都市内博物館施設連絡協議会  総会 研修  講演:遠藤剛熈 

台風が近づく悪天候となりましたが、約70館100名近くの参加者の方々が、

京都から新たな時代を開く内容の遠藤剛熈の講演に

熱心に耳を傾けて下さいました。

 

平成25年度京都市内博物館施設連絡協議会総会 次第

日時:平成25年6月21日14:30〜16:00
会場:遠藤剛熈美術館(2階)展示室
○開  会

○主催者・来賓紹介

○主催者挨拶   細見 良行 京都市内博物館施設連絡協議会 幹事長

○来 賓 祝 辞           門川 大作 京都市長
(生田 義久 京都市教育委員会 教育長 代読)

○会場館挨拶   遠藤 剛熈 遠藤剛熈美術館 館長

○京博連表彰式典・京都市長感謝状贈呈式

○議  事
1 平成24年度事業報告
2 平成25年度事業計画

○報  告
新規加盟館の紹介

○研  修
・講演  「純粋な京都の風景。大樹と日本の女の生命力。
描き続けて六十年。本来の美術館と美術教育。芸術寺院の建立。」
遠藤剛熈 遠藤剛熈美術館 館長
・館内見学  (遠藤剛熈美術館展示 自由見学)

○閉  会

○交 流 会   会場:遠藤剛熈美術館(1階)展示室

京都市内博物館施設連絡協議会



講演<タイトル>

純粋な京都の風景 大樹と日本の女の生命力
描き続けて六十年 本来の美術館と美術教育
芸術寺院の建立

遠藤剛熈 遠藤剛熈美術館 館長

<小タイトル>

明治以後の日本絵画

自然に帰れ 共生の芸術の創造活動

傾倒と讃嘆 伝統と創造

日本の私の精神

原始人の力 釈迦牟尼

大地に立つ樹と裸身の人間

イデア(idea ) 理想

純粋な京都の風景 一筋の道  セザンヌとモオツアルト

本来の美術館と美術教育

芸術寺院の建立

 

自然の存在を見て真実を探究する画家が、自分の仕事について言葉で語ることを、私はいつも躊躇します。
自然について、真実について語っても、自然自体、真実自体は言葉で語ることが出来ないからです。
今日、皆さんにお渡しした当美術館十周年記念の冊子には、言語表現の具眼の専門家達が、私の絵画の仕事について、述べておられるので、それをぜひ読んで下さい。
京博連役員の故上平貢さん、潮江宏三さん、榊原吉郎さんには、友誼ある言葉をいただいています。
これから四、五十分間、日頃考え、書きとめてきたものを、読みながら語ります。
お聞きになった後、全部忘れても、次の一言を記憶にとどめていただければと思います。   只デッサン!

(続きを読む…)

2013.06.17 - 平成25年度京都市内博物館施設連絡協議会総会が遠藤剛熈美術館にて開催

この度、平成25年度京都市内博物館施設連絡協議会総会が遠藤剛熈美術館にて開催されることとなりました。

門川京都市長、生田教育長をはじめ御来賓の方々、樋口会長、細見幹事長をはじめ京博連役員の方々、京都国立博物館、京都国立近代美術館、京都市立美術館、他国立、府立、市立博物館、各国、公、私立大学博物館、各社寺博物館、各企業博物館、各個人博物館の京博連加盟館の約70館の館長、副館長、学芸員の方々、約100名のご参加のもと開催されます

総会当日の研修としまして、遠藤剛熈の講演と作品の鑑賞会がございます。

日時     平成25年6月21日(金)
場所     遠藤剛熈美術館
講演会    15時15分 〜 16時00分
美術館鑑賞  16時00分 〜 16時15分
交流会    16時15分 〜 17時15分

遠藤剛熈の講演会の演題

純粋な京都の風景。
大樹と日本の女の生命力。
描(えが)き続けて六十年。
本来の美術館と美術教育。
芸術寺院の建立。

 

今回は参加募集はしておりません。ニュースとしてご覧いただければ幸です。

後日総会のご報告をさせていただきます。

京都市内博物館施設連絡協議会

2013.02.21 - NHK文化センターの美術館団体鑑賞 2/14

17人の方が参加、美術館鑑賞後、直接画家遠藤剛熈本人に質問する場を持ちました。


南禅寺の寺と水道橋は東洋と西洋の融合。

“日本の女”シリーズと“大樹”シリーズを同じ部屋で鑑賞し、人と木が同じ生命であることに気づかされたとコメントがありました。


いかに基礎的なデッサンが大事かについて。

大自然から生命をいただいて生かされていること、自然のなかの自然と同じ生命をもつ私であること。

<参加者のご感想文より 一部ご紹介>

すばらしい作品を拝見できて、大変感じるところがありました。
お若い頃のたっぷりとした鮮やかな油絵もとてもすばらしく、心動かされました。
“日本の女”シリーズと“大樹”シリーズを同じ部屋で鑑賞し、人と木が同じ生命であることに気づかされ当たり前のことながら大変感銘を受けました。
大自然から生命をいただいて生かされていること、自然のなかの自然と同じ生命をもつ私であることを絵を通してあらためて感じることができ、とてもよい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。             
         (NHK文化センター団体鑑賞引率者 女性 37才)
(続きを読む…)

2012.11.08 - 無料体験入学のご案内

デッサンを学んで下さい。
デッサンはアートの全ての基本です。

日 時:
11月17日(土)、24日(土)、12月1日(土) 午後2時〜5時

場 所:
ゴーキ美術研究所(遠藤剛熈美術館)3F アトリエ制作室にて

テーマ:
鉛筆デッサン

 

 
(続きを読む…)

2012.10.25 - 京都市立洛友中学校 生徒と教員による美術館鑑賞と油絵制作体験

楽しく、夢中になって、一人一人個性的な作品ができました。
日時:10月25日(木) 13:40〜17:10

参加者:生徒7人 教員5人 ボランティア1人

合評では生徒さんの作品と先生方の作品が一緒に並びました。

(続きを読む…)

2012.10.16 - 平成24年度 第1回博物館連続公開講座

京都を描く!
シルクロードの終着点、東西交流の地。東洋画と西洋画の融合
館内見学と講演・人物描写実演

主催:京都市教育委員会 生涯学習部 京都市内博物館施設連絡協議会

平成24年10月14日(日)午後2時〜4時 52名の方々が大変熱心に興味を持ってご参加下さいました。

当日は、京都市教育委員会 生涯学習部長の宮本昌昭氏より挨拶がございました。同じく山本課長。河合係長、近藤係員、清水係員の皆様方、虹の会ボランチィアの増田氏、山﨑氏、庭山氏のご協力のもと開催されました。また、画道ゴーキの研究生、スタッフの皆様御協力ありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

初めに、京都市教育委員会 生涯学習部長の宮本昌昭氏より挨拶がございました。

館内見学の時間には遠藤自ら鑑賞者と談話を楽しみました。

(続きを読む…)

2012.02.28 - KBS京都テレビ番組 『ぽじポジたまご』「京都みゅーじあむ」コーナーに遠藤剛熈 生出演

2012年2月28日(火)

11時15分頃 生放送 同日15時45分頃 再放送


遠藤剛熈美術館紹介

遠 藤 剛 熈 展
2012年春季  2月28日(火)〜4月29日(日)
樹と裸体の人間が大地に立って在ることの不思議
自然を見つめ、自分を見つめる。自然と人間が一体となり共生する。

(続きを読む…)

Older Posts
No Newer Posts